沿革

・地区の歴史
豊平のまちは、1857年に幕府の命により豊平川東岸(現在の豊平橋より)の渡し守兼通行や取扱人に任じられた「志村鉄一翁」が定住したのが始まりです。(豊平川西岸の渡し守吉田茂八翁と共に札幌開祖のひとりと伝えられています)開拓使設置以来、室蘭街道(現国道36号線・明治6年(1873)開通)を中心に港に陸揚げされた建設物資や、近郊の恵庭・北広島・旧豊平村(現在の月寒・平岸付近)方面から当時の札幌に農産物を運ぶ時の中継基地として、また大正7年(1918)の定山渓鉄道の開通により、札幌の中心部を流れる豊平川以東の交通の要衝として発展してきました。往時は豊平橋より現在の国道36号沿い10丁目付近まで街道両側は、農機具・馬具・蹄鉄・鍛冶屋・味噌醤油醸造業をはじめとする一般商店と札幌市街より廉価な飲食・宿屋等が軒を並べ、古くから商業と職人の街として栄えていました。

時代が移り 今の豊平のまちは マンション等の林立でビル化された街並みが形成され、往時を偲ぶことはむずかしくなりましたが、目を凝らして見ると街角の所々に軟石づくりの建物 煉瓦煙突 神社仏閣に、街の歴史を垣間見ることができます。

・商店街の歴史
明治・大正・昭和の時代と共に商店街も変遷をしてまいりましたが、豊平地区には創立年次不詳なるも古くから「豊平一・二丁目商工会(会長関正義)」「豊平中央振興会(会長渡辺幾太郎)」「豊平二条通商工振興会(会長中村清吉)」が夫々相互協力しながら商店街の発展に努め、戦後20年頃まで札幌の三大商店街の一つと言われておりました。
一方、札幌市経済局の指導をうけた組合上部団体、札幌市商店街振興組合連合会は昭和35年創立以来、各地の未結成商店振興会設立を働きかけ、豊平地区も組合設立の気運が高まり、幾つかの商工振興会が一つになって、昭和40年5月29日「豊平商店街振興会」を設立。
昭和54年、社会経済情勢と豊平地区の今日的発展に対応し、かつ地域住民の要請に応えるためと、従来の自然発生的な商店街の形状から脱却するため、また、豊平地区再開発に地元住民と共に推進するべく振興組合法に基づき法人化を進めることとなり、昭和56年1月18日に「豊平商店街振興会」を発展的に解散し、同日「豊平商店街振興組合」を設立、現在に至っております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする